苗床

菌床じゃないよ

週間日記(2024/06/10-06/16)

 

2024/06/10 Mon.

 相変わらず首と肩が痛い。筋を痛めでもしたかのような、ずきずき、ぴりぴりとした痛みがある。でも、痛み止めを飲まないとやっていられないほどの痛みではなくなった。早く治ってほしいなあ。首から左肩にかけての同じような部分に、この前まではひどくかゆい湿疹ができていたので、もしお祓いとかに行ったら左肩に何かが憑いているなどと言われるんじゃないだろうか。その方面の事情に詳しくないのでよく分からないけど。ノクタスのぬいぐるみでも肩に乗せておこうか。

 YouTubeで動画を流しながら、ひたすらちくちくと刺繍をした。ようやく顔と前髪の刺繍が終わったので、水に溶ける下絵シートを洗い流して、今夜一晩乾かしておく。

 下味をつけた鶏もも肉に衣をつけて揚げ、長ねぎと唐辛子入りのたれをかけたおかずを晩ごはんに作ったら、我ながらおいしかった。衣はざくざくした食感に揚がっているし、お酢の酸味があるピリ辛のたれとよく合って、ごはんが進む味だった。自分でおいしいごはんを作れると、日頃すり減らしている自信がいくらか回復できる気がしてほっとする。それにしても、夏はトマトを切っただけのものをおかずの一つとして出せるから、楽でいいなあ。

 

2024/06/11 Tue.

 昨夜見た夢の中で、アポロチョコを食べようと紙箱から手のひらに出そうとしたら、なぜか箱から大粒のほたてが出てきた。シュールな内容の夢だったので、起床後は少し愉快な気分でいられた。

 ゴッホの星月夜がプリントされた箱に、ちょっと良いドリップコーヒーやトワイニングのアールグレイティーバッグ、粉末ミルクティー、コンソメスープといった、メンタルの調子が良くない時に飲む物を集めて入れた。まだ飲み物しかないけど、かわいいぬいぐるみや好きな言葉を書いた紙など、気分が上向きそうなものを探してこの箱にしまっておきたい。そうすれば、「もう駄目だ」という時にこの箱を開けさえすれば、その場をやり過ごしやすくなるかもしれない。もっと気の利いた名前をつけたかったけど、ぱっと思いついたのが「メンタル終わり箱」だったので、当面はそう呼ぶことにする。我ながら身も蓋もない名前だ。

 観葉植物にたっぷり水をやって、エアプランツと着生蘭のソーキングをした。私の手入れがずさんすぎるのか、着生蘭は枯れこそしないもののいっこうに成長する気配がない。いつか花を見られたら良いんだけど。

 庭で採れたボイセンベリーを冷凍しておいたので、それをジャムにした。甘酸っぱくて野性的な風味があって、適当に作った割にとてもおいしい。ガラス瓶に詰めたジャムを日に透かすと、真っ赤な色がとてもきれいで、何に添えて食べようかわくわくしてくる。ハード系のパンやプレーンヨーグルトには間違いなく合うし、生姜のきいたルーネベリタルトに乗せるのも手間だけど良いかもしれない。

 

2024/06/12 Wed.

 フレンチトーストを作って、昨日のボイセンベリージャムを乗せて食べてみたら、すごくおいしかった。自分で育てて収穫したものをおいしく調理して食べることができると、むしょうに嬉しくなる。

 実が生った枝にはもう実は生らないらしいので、収穫の終わったボイセンベリーの枝を剪定した。来年もたくさん採れるといいなあ。水やりをしていたら、イングリッシュミントの鉢にねじ花が3本ほど咲いているのを見つけた。小さな花なので、なかなかピントが合わず写真を撮るのが難しい。幼稚園児の頃、母の迎えを待つ間にこの花を見つけて喜んでいた記憶があるので、もしかすると人生で一番最初に好きになった花かもしれない。当時に比べて好きな植物の種類は各段に増えたけど、もちろんねじ花は今も好きだ。

 近所の空き地にイネ科の柔らかい草の葉が茂っていたので、ひとつかみむしり取って猫達にあげたら、喜んでむしゃむしゃと食べてくれた。猫草は必ずしも与えなくても良いものだとネットで見たことがあるけど、我が家の猫達は猫草が大好物で、しばらく食べさせないと家の外に出たがってそわそわするようになるので、週に一度くらいの頻度であげている。しかも、栽培キットで育てたものよりも、そこら辺に生えていた雑草の方を明らかに好むので、こだわりがあるらしい。夏場は生育が旺盛になるからか葉が硬い草が多いので、今日のような柔らかい葉を引っこ抜いてきて鉢植えにでも植えておこうかなあ。

 

2024/06/13 Thu.

 冷凍庫にいつ冷凍したか覚えていないレモンが1個あったので、ウィークエンドシトロンを焼いた。皮のすりおろしをたっぷり入れたさわやかな風味の、ふわふわのケーキが焼き上がった。レモンのアイシングもたっぷりかけた。

 道端で良い具合の猫じゃらし(エノコログサ)を見つけたので、摘んで持ち帰って猫達と遊んだ。猫じゃらしを目にした途端に猫達が「遊びたい!」と言わんばかりの期待に満ちたような表情をしていて、とてもかわいかった。穂がちぎれて葉っぱも食べられ、ほぼ茎だけの状態になるまでたくさん遊んだ。半年ほどの野良時代を経験しているからか素早く的確に獲物を仕留めるとらちゃんと、狩りの経験がないのでどたどたとむやみに走ってただ追いかけ回すふくちゃんとで、遊び方にも違いが出る。もちろん、どちらもかわいい。

 

2024/06/14 Fri.

 あんなに辛かった首と肩の痛みが、随分楽になった。もう普段はほぼ気にならないくらいで、時々ちょっと痛む程度。治るって本当に良い気分だな。風邪や怪我のように、メンタルの病気も「治った!」と明らかに実感できるよう所があれば良いのに。後は良くなるばかりのものと違って、良くなったり悪くなったりを繰り返して、どんな些細なことがきっかけで突然悪化するか分からないし、「こうすれば絶対に治る」という確実な策がある訳でもない。しかも、そのことが「健康な」人や「健常者」にはほとんど理解されていない。私も社交不安症と診断された当初は、治療さえすればちゃんと治るものなんだと思い込んでいたから、まさか10年も長引くとは思ってもみなかった。治ることにこだわり続けることがかえって苦しいのだと分かってはきたけれど、やっぱり治りたいなあ。

 収穫したきゅうりや庭で摘んだ野花を家に持ち込んだら、ふくちゃんが興味津々で近寄ってきて、みゃあみゃあ鳴いて欲しがった。この猫は花でも草でも実でも、大抵の植物には関心があるらしい。植物好きで食い意地が張っている性格は、拾ってきた私に似たんだろうか。

 今日も猫達と猫じゃらしで遊んだ。猫じゃらし(エノコログサ)で遊ぶ猫達は本当に楽しそうだし、かわいいし、絵になる。猫達と私と、どちらの方が夢中になっているか分からないくらい楽しんだ。

 

2024/06/15 Sat.

 以前少し手を出してアンインストールしていた、Day One Journalをまたインストールしてみた。これまでの年の今頃にどういう日記を書いたか簡単に振り返ることのできる連用日記としての機能が欲しくて、このアプリのOn This Dayという機能が良さそうだと思ったためだ。少し前にNotionで連用日記のようなものを作ってもみたけど、Notionはやっぱり機能が多すぎてどうしても持て余してしまう。ブログの「週間日記」用にパソコンからUpNoteに書き溜めた日記を、スマホでDay One Journalにコピペしたら、良い具合になりそうな気がする。いい加減、どうして自分が日記というものにこんなにこだわるのか不思議に思えてきた。創作のアイデアが思い浮かばなくても、その日にあったことや考えたことを羅列すれば日記として成立するという書き物としてのハードルの低さや、毎日少しずつ書くことで日々の経験や思考が蓄積されていく達成感、無職で家族以外の人との交流がほとんどない自分でも日記を書けば日々が充実しているかのように思えてくる錯覚、そういう魅力に取り憑かれているんだろうか。

 散歩に出かけると、おしろい花が咲いているのを見つけた。良い香りがするはずなのでかがんで嗅ぎたかったけど、人の家の庭に咲いているものなので我慢した。香水や化粧品のような上品な香りを嗅ぐと、夏が来たという感じがする。少し歩いた所には、なぜか歩道にストレリチアの生花が1本落ちていて、どういう経緯があってそうなったのかとても気になった。その近くを雄の雉がのこのこと歩いていて、派手な鳥が2羽いるようでおもしろかった。

 

2024/06/16 Sun.

 朝起きると、ベッドの傍のペット用ひんやりパッドにとらちが香箱座りをしていた。背中を撫でると、気持ち良さそうにごろんと仰向けに転がって、喉を鳴らしていた。このかわいい生き物が自分に気を許してくれていると思うと、嬉しいし光栄に思う。

 父の日のプレゼントに、父の好きな柑橘系のお菓子を2種類渡した。テーブルに並べてスマホで写真を撮ってくれていたのが嬉しかった。

 街中へ出かける。移動中、ねむの木の花が咲いているのがちらほらと見えた。お昼にフレッシュネスバーガーで、塩レモンチキンバーガーとレモン&クランベリーソーダを注文した。お昼時だったから、レジも厨房もとても忙しそうだった。バイトを始めたてのような不慣れな様子のスタッフさんから「レモンソーダです」と渡されたドリンクは、クランベリーが入っておらず、飲むとレモネードの味がした(レモンソーダという名前のメニューはない)。働き始めてまだ勝手が分からない状態で土日の忙しい時間帯のシフトに入ってしまった時の焦りや不安には身に覚えがありすぎるし、他人のこの程度のミスくらい気にせず受け入れられる人間でいたいし、もちろん私だってミスはよくするし、そもそも注文したものと違うと言う勇気はとてもじゃないがない。レモネードも好きなので、おいしく頂いた。

 花屋さんの店先に吊るされていたエアプランツのウスネオイデスがとてもかっこよくて、買おうか散々迷って我慢した。園芸店で働いていた時に大量のエアプランツのソーキングをしていたので、ウスネオイデスは束ねているワイヤーが緩むとばらばらと葉がほどけて貧相な姿になるというのを知っている。私が育てたら、ばらばらウスネオイデスになってしまうのは間違いない。

 好きな独立系書店で、気になっていた『長い読書』(島田潤一郎、みすず書房)を買った。今日は本を買わずに店内を眺めるだけにしようと思っていたはずなのに。でも満足。

 

週間日記(2024/06/03-06/09)

 

2024/06/03 Mon.

 注文していたノクタスぬいぐるみがもう届いた。とてもかわいい!ちょうど良い大きさもふわふわの手触りも、おすわりしたポーズもかわいい。Twitterで「ポケモンfit」と検索すると、皆それぞれお気に入りのポケモンをかわいがっている様子を見られてとても和む。ノクタスには、とりあえず自室の机の隅に座ってもらうことにした。ふわふわのかわいいぬいぐるみが視界に入ると、気分が安らぐ。やっぱりぬいぐるみって良いなあ。

 ふと、スマホゲームの好きなキャラクターのぬいぐるみを作りたいと思い立ち、以前同じキャラクターのぬいぐるみを作った時の残りの布地で作業を始めた。ブログやYouTube、電子書籍を参考に作り方を調べ、今日は首から下のパーツをそれぞれ作って縫い合わせた。顔の刺繍をやりたかったけど、刺繍用の下絵シートがないので作業はそこで中断せざるをえなくなった。黙々と布を切ったり縫ったりする時間はとてつもなく楽しくて、なるほど何かに夢中になるというのは確かにメンタルの健康に良いんだろうなと改めて実感した。こんなに何かに集中するのは久し振りで、とにかく楽しかったし、疲れはしたものの作業後は心なしか気分がすっきりした。夜、刺繍シートや足りない刺繍糸を買いに出かけたけど、刺繍シートは売られていなかった。そうなるとネットで買うしかないので、顔の刺繍にはまだ取り掛かれないけど、手芸用品売り場で色とりどりの刺繍糸の中からこれぞと思う色を選ぶのは楽しかった。久し振りに物作りの楽しさが味わえて、本当に嬉しい。満足のいくものができあがるといいなあ。

 

2024/06/04 Tue.

 刺繍シートはないけど、刺繍の練習をしておくことにした。アウトラインステッチは慣れると楽しくできるけど、線ではなく面を縫うサテンステッチやロングアンドショートステッチがとにかく難しい。先に練習しておいて良かった…。はぎれに目や口を刺繍してざっくりと頭部を作り、胴体と合わせてみると思ったより頭が大きい。元々こういうデザインなのか、それともどこか作り方を間違えたんだろうか。本番はもっとちゃんと確認しながら作ろう。百均で買ってきたワイヤーで、ぬいぐるみの「骨」になる部分も作った。これを入れることで、手足を自由に動かせたり、座ったポーズを取ったりできる。このぬいぐるみが無事完成すれば、ゲームに出てくるさまざまな衣装も作って着せ替えして遊べる。夢が膨らむ!

 「私は、大多数の人が普通にできる(やっている)ことができない」と落ち込むことがよくある。毎日と言っても多分過言じゃない。その度に、「多くの人ができるという訳じゃないことが私には多少できる」と己に言い聞かせて、焼け石に水程度の効果ではあるけど気分を持ち直そうとする。針と糸を手に楽しい時間を過ごせるというのも、そのひとつに数えられるかもしれない。自己満足のぬいぐるみを作ったってそれを仕事にして食べていけるような技術はないし、「働けるようになるためにもっと努力しろ」「遊んでばかりいる」と「他人に言われそうな言葉」が頭の中でぐるぐる駆け巡る。もし自分が自分一人を養って生きていけるだけの収入を働いて得ていたら、こういう「他人に言われそうな言葉」で自分を抉ることもないのかもしれない。自己嫌悪や自責の念、罪悪感などなしに趣味に没頭できたら、どんなに嬉しくて楽しいだろうな。

 

2024/06/05 Wed.

 ぬいぐるみの顔の刺繍のデザインを考えた。ちょっとずつ異なる形の目や口のイラストをたくさん描いて、どれが一番かわいくてそのキャラらしさもあるか考えるのは楽しかった。

 散々悩んだ挙句、今まで6回オンラインカウンセリングを受けた臨床心理士の先生とは違う先生のオンラインカウンセリングを予約してみた。同じ悩みを違うカウンセラーに相談しても良いとサイトにはあったので、そうしてみる。自分の現状やこれまでの経過をまた一から話すのは面倒ではあるけど、自分一人では改善できそうにないのだから仕方ない。口頭で筋道立てて分かりやすく話すのはとても苦手なので、少しでも話しやすいよう手元に置くためのメモを作っておくことにした。今悩んでいることと、今後どうなりたいかという理想、何歳の時に何があったかなどを箇条書きで書き出した。少しは上手く話せると良いけど。

 川沿いを散歩したら、土手にかすみ草のような白い花がたくさん咲いていた。かすみ草がこんな所に生えている訳がないと思って近付いて見てみると、夜に向けて花を閉じているハルジオンかヒメジョオン(違いが分からない)だった。庭に生えていたら雑草として引っこ抜いてしまうけど、こうして大量に咲いていると花畑みたいでかなりきれいだ。

 

2024/06/06 Thu.

 初めて会う臨床心理士の先生にオンラインカウンセリングを受けた。話すのがとても上手くて、説明も理路整然としていて分かりやすい。初回なのでたくさん質問に答えた。その結果、私の社交不安症は、知能の高さと親の育て方から来るものではないかという推測になった。特に知的能力が占める部分が大きいらしい。10年ほど前に社交不安症と診断された時は「病気なら治るんだ!」と前向きに受け入れたし、以来ずっと「社交不安症さえ治せば『普通に』生きられるようになるはず」と信じてきた。割と最近になって「社交不安症はあくまで二次障害のような形で出てきたものであって、生きづらさの根本の原因は別にあるのでは」と考えるようになってきたものの、これについては認めたくなくて目を逸らしていた。けれど、やっぱりそうだったらしい。知能(特に言語理解)が高いと常に色々なことを考えるので不安になりやすいのだそうだ(自分ではそんな自覚は全くないが)。社交不安症になっている自分は本来の自分ではなくて、本当は不安にならずに他者と適切に関わることができる自分がいるはずなのだと思いたかったから、人と関わる際に不安を感じやすいという性質がデフォルトの自分なのだと理解したくない気持ちが強くある。自分の困りごとは一時的なもので、治療することできれいに解決できるものであってほしかった。不治の病を宣告されたような、治らない障害が一生残ると分かったような、そんな気さえする。そうなると、自分が今後快適に生きていくためのツール(より適切なものの考え方やメンタル面のセルフケアの方法など)を探して使いこなせるようになるしかないのだけど、すんなり「そうですね」と呑み込めるものではない。こういうネガティブな考え方も、先生に言われた「考えすぎ」「取り越し苦労」「思い込みがよく働く」の内なんだろうか。

 先日Twitterで「うつ病が治るというのは、金継ぎの器と同じ」という内容のツイートを見かけて、すごくいいなと思った。思わずスクショした。私はうつ病ではないので、社交不安症を含む広い範囲のメンタル系の疾患を適用していいものか分からないけど、病や障害による不可逆の変化を受け入れるためのとても素敵な考え方だと思う。私の器、私という器も社交不安症を発症する形で壊れてしまったけど、漆でくっつけて金粉をまぶして、以前と全く同じではなくてもそれはそれで良い感じの器にできたらいいなあ。

 

2024/06/07 Fri.

 連日夢中になって手芸をしていて、同じ姿勢が続いたせいか、首をひどく痛めてしまった。スマホ首とかいうやつだろうか。下を向いたり左右に首を回したりするのが、痛くてできない。昨日YouTubeを参考に首や肩のストレッチをしたのに、明らかに悪化している。楽しくて仕方ないので作業を進めたいけど、いかんせん首が痛すぎる。適度な休憩って大事だな…。

 

2024/06/08 Sat.

 精神科の診察に行く。病院まで歩いて行く途中に、ばらやあじさい、グラジオラス、ギンバイカなどの花を見かけた。9週間分のアリピプラゾールとトリンテリックスを処方される。

 首と肩があまりにも痛いので、整体に行ってみた。どうやら寝違えているらしい。施術自体は気持ち良かったけど、隣に座っている男性に待ち時間の間じゅう話しかけられて、相槌を打つのに疲れた。知らないおじさんの持論と自慢話ほどどうでもいいものはない。挙句、その男性が施術中に整体師の人と特定の国に対する差別的な内容の話をしていて、隣から聞こえてくるそれが嫌で嫌でたまらなかった。そういう話をしないでくれときっぱり言えない自分のことも心底嫌だった。ぐったり疲れて帰宅。

 

2024/06/09 Sun.

 たっぷり9時間寝て、すっきりした。リベンジ夜ふかしのような感覚でいつもつい睡眠時間を削ってしまいがちだけど、やっぱりこれだけ寝ると心身が回復する気がする。相変わらず首と肩は痛いけど。

 デジタルで書いている日記を去年のように自分用に製本したいので、原稿を作った。ところが、今年は真面目に毎日書いているので、6月分に入った時点で200ページを超えてしまっている。文庫本サイズの本にしたいけど、この調子で書き溜めた一年分を一冊にまとめたら、とんでもない厚さになってしまう。2024年の日記は、半年ずつ分けて上下巻にしてみようかな。

 ぬいぐるみの顔の刺繍に難航している。何が難しいかって、布を刺繍枠にきちんとはめるのが難しい。接着芯を貼った顔用のパイル生地、髪のボア生地、下絵を描いた刺繍シートの3枚をずれたりたるんだりしないように刺繍枠にセットするのが、びっくりするほど難しい。何度もやり直して、いい加減早く刺繍をしたいので適当な所で妥協したけれど、これはどうやるのが正解なんだろう。一方、無心で刺繍をするのはとても楽しい。YouTubeの動画をBGMにちくちく針を刺していると、余計なことを考えなくて済むので気も休まる。先日のオンラインカウンセリングで「考えすぎる」と言われたので、こういう時間を確保するのは多分良いことなんだろうと思う。そう思いたい。